読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店員のホンネ

接客業店員のホンネ。。

接客中で電話に出られない時のホンネ!

今日は「接客中で電話に出られない時の電話」に対する
ホンネを書いていきましょう。


お店をやっていると、どうしても接客中で電話に出られないことが
あります。

少人数であれば、少人数であるほど、そういう場面も増えてきますね。

勿論、なっている電話に出られない時は
申し訳なく思いながら接客をしています。
(私の場合は、ですが)

しかしながら、あることをされると
嫌な気分に…。

あまりにもしつこい

時々、5分とか10分とか、鳴らし続ける
お客様もいます。
ただし、基本的に店舗でのお客様を優先することになるので、
時々、接客が長引き、10分、20分単位で一人の
お客様に対応したり、お客さんが途切れずに連続で接客したり
することになることも多いです。

しかし、時々、電話を狂ったように、ずっと鳴らし続ける
お客様もいるのです(汗

長くても1分ぐらいならしたら
「あ、今は出れないんだな」と思っていただけると
嬉しいのですが…。

ずっと鳴らされるとお客様側(店頭で買い物している方)も
嫌な気分になるかもしれませんし、
店員側も結構あせります。

1度電話を切って、10分ぐらい開けてから再度かけ直される
かたがほとんどなのですが、
狂ったように粘る方もチラホラと。


もちろん、早く電話で話したい気持ちは分かるのですが、
何回ならされても、出られないものは出られません・・・

店員も超人じゃありませんし、分裂もできませんから・・・